06-09-05_10-43


中国留学のメリット

・世界中の友達ができる
世界第二位の経済大国になった中国。現在、中国語学習者の人口は世界で1億人以上いるとも言われています。中国の大都市には世界各国の人が仕事や、留学で集まってきています。また中国の大学では一般的には留学生は留学生寮に住みます。そのため、二人部屋に住むと、相手がアメリカ人、とか、韓国人とかアフリカ系の人だとか、そういう機会も多くなるのです。わたしも日本人、韓国人、アメリカ人と一緒の部屋になりました。中国に留学したのに、中国人の友達より、他の国の友達が多くなったってことはよくあります。
中国に住んでると、生活習慣の違いなどもあり、イライラすることも。そんな違いを外国人同士で愚痴りあうこともしばしばあり、外国人同士仲良くなることが多いです。そして人によっては恋愛に発展したりということも。わたしの友人で中国留学で知り合ったタイ人と結婚したり、韓国人と結婚したりなんてケースもありました。ちなみに二人の会話は共通語の中国語のようですよ。

・現地での体験
数十年前と比べると今はずいぶん改善されていると思いますが、交通ルールが守られなかったり、買い物で並んでいても横から入られたり、バスの中で押されてもみくちゃにされるなんていう目にあうことも。また、買ってきた電化製品から火がでたり、なんてこともあるかもしれません。田舎に行けばトイレに扉がないこともあるでしょう。
最初、日本の生活と比較し、戸惑うでしょう。しかし、これも経験です。ある意味日本ではお金では買えない貴重な経験となります。そして、帰国の時にはその経験が自分の強さとなるにちがいありません。

・物価が比較的安い。
中国の大都市は物価が高くなったとはいえ、まだまだ学費などは日本より安く、その割には日本のものも含め日常品は何でも揃うため、物質的な面では生活はしやすいです。地方都市にいけば、まだ100円程度でもランチなど食べれるでしょう。アメリカなど欧米留学と比べれば、1年にするとかなり低い予算で留学できます。

・ご飯がおいしい
世界三大料理の中華料理です。各地様々な特徴ある料理があり、中華好きにはたまらないでしょう。米食でもあるため、ご飯のある生活もできます。病気の時は、お粥もあり便利です。日本料理も人気で、都市部であればラーメンやお刺身も食べられます。食の面では比較的困ることはありません。

中国留学のデメリット

・空気汚染
PM2.5などの空気汚染の問題は日本でも取りざたされていますが、北京の空港に着いたとたん、その空気の違いに驚きます。霞がかっていて遠くがよく見えません。黄砂の時期はさらに最悪です。わたしも中国留学中に咳喘息になり、日本に帰国したら治りました。北京のみならず、中国の大都市はおおむね空気がよくないと思った方がよいです。

・食品の汚染
空気汚染と同様、日本のニュースで取りざたされているように、中国では食材の汚染も少なくありません。農薬の使い過ぎや、食肉のホルモン剤の影響、食品添加物の多用などさまざまです。しかし、基本的には数年の留学で、それが原因で病気になった人は聞いたことがありません。(何十年後はわかりませんが。。)そのため、数年の留学であれば問題ないでしょう。

中国留学の手配の方法

1、留学仲介業者を利用する。
「中国語は全くもしくは、ほとんどできない。」『どこの学校に行くのが良いのか見当がつかない。」そう言った場合には中国留学のエージョントを利用するのが一番簡単で、楽でしょう。学費なども含めてエージェントに支払えば、すべて代行して作業をしてくれます。しかし、エージェント費用がかかるため割高になります。

2、学生の場合は大学の交換留学プログラムがないか探してみる。
大学生や大学院生の場合、学校の交換留学プログラムを探してみましょう。場合によっては、海外留学での学習成果を単位と認めたりする制度をもっている大学もあります。その場合、1年留学しても日本の大学を留年することなく卒業できるため学費等からみてもメリットは大きくなります。また事前に様々な情報を学校を通じて収集できるため、安心感もあります。

中国留学に持っていくとよいもの

どこの国に留学するのでもそうですが、パスポートやビザなど、通常必要なものを除いて持って行った方が良いものは何でしょうか。基本的に、大都市に留学する場合には、日本と同じようになんでも買うことができるので、それほど心配することはないでしょう。日本の食品などもスーパーで買うことができます。ただ、常備薬などの医薬品は、日本から持って行った方が無難でしょう。また、ネットなどで旅行の情報など収集できるようになりましたが、旅行書なども日本からもっていくと便利です。

中国で気を付けること

中国の治安は諸外国に比べて比較的よく、上海や北京などの大都市では夜でも女性1人で歩いたり、タクシーに乗ったりすることもできます。ただ地方によっては治安が悪い場所もありますので、注意が必要です。
また、中国でインターネットを利用する際には、政府による規制によりGoogleやFacebook、Youtubeなど、海外のサイトでアクセスできないものもたくさんあります。LINEなどもSNSも使えません。日本の友達とやり取りするのであれば、VPNなどのサービスを利用する必要があります。

留学を通して多くの体験をしよう!

留学体験をすることによって、今まで出会あうことのなかった外国人の友人ができたり、日本とはまるきり違う生活を体験できたりと、人生の糧となるものを見つけることができるかもしれません。語学のみだけではなく、今まで自分の価値観が180度変わるような出来事やドキドキと出会えることが留学をする醍醐味です。中国は飛行機で3時間もあればつける国ですが、日本とは違う国。その歴史、文化、人、経済にぜひ触れてみてください。インターネットや新聞など他人のフィルターを通して見聞きしていたものとはまた違う世界が見えてくるかもしれません!
スポンサードリンク