thumbnail_IMG_0795

中国から突然のお客様が来日。どんなお店が喜ばれる?

中国から突然の来客。せっかく日本まで来てくれたのだからやはりお食事もした方がよいのでは?でも日本の食事って口にあうの?など、困ることもあるのではないでしょうか。
わたしも仕事で中国に行くと、中国のビジネスパートナーは都合があえば、初対面でもランチ、ディナー関わらず食事に誘ってくれることは少なくありません。中国人は、その食文化からもわかるように、食事=歓待=親しくなる機会 ととらえて非常に大事にしています。
ではどんなお店で接待をすれば喜んでくれるでしょうか。

どんなお店を選ぶ?

最近では中国でも寿司やてんぷら、焼き鳥、ラーメン、様々な日本食が食べられるようになり、一般の中国人でも日本食を食べる人が多くなりました。中国の日本食のレベルも昔に比べ格段に上がってはいますが、お刺身など、鮮度はやはり日本のものにかないません。
そのため、まずは日本でしか味わうことのできない鮮度の良い「お寿司」はやはり喜ばれるものの一つです!また中国でもブームですが肉好きの中国人に好まれるのが「和牛」です。
「和牛」を出す鉄板焼きや高級焼肉なども喜ばれるでしょう。

また中国の飲食店に行くとわかるのですが、接待に使われるのは豪華な内装で、料理の見た目も豪華なお店です。お店を選ぶ際には、高級店という物差しではなく、なるべく豪華な内装と、料理のボリュームのある店を選ぶと間違いがあまりありません。
(正直味については、日本人が海外に行っても口にあわないものがあるのと同様で、味は二の次、まずは見た目やボリュームを重視することをおすすめします。)

避けた方がよい料理ジャンル

中国人の接待する際には、経験上できれば避けた方がよいなという料理ジャンルがあります。「懐石料理」です。西洋人などは、その見た目の美しさやその「和」の雰囲気から称賛する人は多いのですが、中国人にとって、ボリュームが少ないと感じたり、味が薄くて美味しくない、っということもあります。値段が高い割には、満足度は低いことが多いので注意が必要です。
また年配の人や中国の地方の出身だと、チーズやクリームソースをたくさんつかった西洋料理が苦手だという人もいます。

都内おすすめのお店

都内で中国人を接待するのにおすすめのお店を紹介します。実際わたしも何度か利用しました。値段は飲み物やサービス料込みで1人当たり7000円~10,000円のレンジで紹介します。

・お寿司
すしざんまい 奥の院
すしざんまいの利点は、お寿司だけでなく、つまみも豊富にあることです。中国人の中には生魚が苦手であったり、たくさんは食べられない方もいるので、その点安心です。
すしざんまいであれば都内各所にありますが、奥の院は個室もあるため、接待の際には重宝します。

・天ぷら
新宿 つな八 つのはず庵
つな八のつのはず庵は個室もあり、またコース料理もあります。ボリュームも十分であげたての天ぷらがたくさん食べられるのでお勧めです。

・和牛
飛騨牛一頭家 銀座 馬喰一代 』
岐阜県の知人から教えてもらった飛騨牛のお店です。半個室になっており、和牛のコースが食べられます。値段は和牛だけあって高いですが、その味は日本人の接待でも好評です。
4名ぐらいの少人数の時に向いています。中国人の40代の女性社長をここで接待した経験がありますが大変喜んでいただけました。

・居酒屋系
蕎麦と魚 銀平恵比寿ガーデンプレイス店
居酒屋はたくさんありますが、ここがおすすめなのは、恵比寿ガーデンプレイスからの都内を眺める絶景です。お刺身の盛り合わせは大皿に山のように盛られてきて、インスタ映え間違いなし。

・鉄板焼き
目黒雅叙園 ステーキハウス ハマ
鉄板焼きの老舗です。ディナーですと予算オーバとなるかもしれませんので、ランチにいかがでしょうか。ココがおすすめの理由はそのロケーションです。目黒雅叙園は純和風でしかも豪華なつくり。中には1億円の螺鈿細工のエレベータもあり、観光案内しつつ、お食事が楽しめます。

・鍋
かに道楽 新宿本店 』
中国人に、蟹好きはたくさんいます。中国の上海ガニにみられるように、小さな蟹や、渡り蟹はよく中国でも食べられていますが、タラバガニなどはあまり見たことがありません。そのため日本でタラバガニの味を覚えて好きになる中国人をたくさん見てきました。蟹料理を楽しめるという点でかに道楽はおすすめです。

今回は中国人接待におすすめのお店を紹介しました。有名店も多いですが、「老舗なんです。有名店なんです!」ということもお伝えしつつお食事すると、話も盛り上がるかと思います。
ぜひ参考にしてみてください。
スポンサードリンク